JavaScript とは


1 何ができるのか?

 JavaScript では何ができるのでしょうか?
 HTML と CSS の組み合わせで充分なのでは?


2 できること

ポップアップウインドウの表示
 あの「ウザい」やつですね。

入力フォームの入力内容の確認
 これは有用かも。

ブラウザの拡張機能
 あればいいけど。

マウスをのせたときアニメーションを表示
 まあ楽しいんでしょうが、あまり実利的ではないか。

クリックすることで
 文字を変更したり、文字の大きさや色を変えることができる。
 要は閲覧者の操作によってホームページに表示する内容が変わるこということですね。

リアルタイムで動くグラフ
 これは面白そうですね。表現の幅が広がりそうです。

Webアプリの作成
 HTML と CSS と JavaScript を組み合わせれば可能だそうです。
 ただし、一般的にはLAMPといって、Linux、Apache、MySQL、PHPなどが必要なようです。
 最終的にはこの領域を目指したいですね。


3 環境構築

VS Code のインストール
 開発用の環境です。
 当分の間、こちらを使っていくのがいいと思います。


4 簡単な HTML の入力

簡単な HTML ファイルを作ってみる
 簡単なものといっても、ある程度のボリュームがあります。

サンプル

入門

① まずは HTML の基本。
② JavaScript はその次。

③ css も知っているといい。

 <h1> は見出しなどに用いるタグで、文字が大きくなりますね。ほかに <h2> ~ <h6> まであります。
 <p> は普通の文字ですが <br> を入れるとそこで改行されます。実行結果では、①と②は別の行になっていますね。
 そして、<p> タグを別々にするとこれも別の行になりますね。① ② と ③ とは別の行になっています。

見出しタグを試してみる
 hタグを使ってみましょう。

サンプル

H1H1H1

H2H2H2

H3H3H3

H4H4H4

H5H5H5
H6H6H6

PPPPPP

 デフォルトの設定を使うのは面白くないので、<head> の <style> で定義してみました。
 ピクセル単位でも自由に指定できます。まあ普通は CSS で定義するんでしょうけど。
 文字の色なども定義できるので、自分好みで できるのがいいところですね。


5 次回

 さて、次回からはいよいよ HTML 内に JavaScript のコードを加えていきます。

カテゴリー

更新記事

タグ

break (1) class (3) collection (6) continue (1) CSS (2) DOM (2) for (1) function (3) HTML (8) if (2) JavaScript (28) object (5) pop (1) push (1) shift (1) switch (1) unshift (1) VBA (1) while (2) アンガーマネジメント (1) インソース (1) ココナラ (8) コーチング (1) チーズ (2) ネズミ (2) ノート (2) ブランディング (1) ブランド (1) プログリット (1) ポート (1) メモ (2) リスキリング (1) 変数 (3) 学習 (1) 小人 (2) 怒り (1) 株式 (6) 睡眠 (3) 給水器 (1) 記憶 (3) Aoba-BBT (8) IGS (8) Kラーニング (1)



Categories: