JavaScript で変数3

 今回は定数と文字列について再確認します。


1 定数

 まずは定数というものを確認します。

てすと

 円周率は3.14です。
 ところが間違って下記のようにしてしまったら、どうなるのでしょうか。

てすと

 上記の例では間違ってpai2 という定数に「3」という数値を入力してしまっています。
 このようなことを防止するためには下記のような方法があります。

てすと

 何も出てきません・・・。
 このように const で宣言され「3.14」という値をもっている変数 pai3 に、新たな値「3」を入力しようとしてもエラーとなります。
 このように後からその値を変更できない変数を定数といいます。
 そして、宣言のときに値を設定しなかった場合もエラーとなります。


2 文字列はオブジェクト?

 文字列はビルトインオブジェクトである、String というオブジェクトとして扱えるとのこと。つまり、文字列を自動的に String オブジェクトに変換する仕掛けがあるそうです。
 ところで、オブジェクトとは何だったでしょうか?
 メソッドを実行したり、プロパティの値を参照することができるものでしたね。


3 String オブジェクトのメソッド

 早速、この String で試してみましょう。

てすと

 toUpperCase というメソッドにより、「Goodmorning」が「GOODMORNING」になりました。
 変数 a に「Goodmorning」を代入し、その a に toUpperCase というメソッドを使い、その結果を b に代入しています。


 String オブジェクトには、ほかにもメソッドがありますので試してみましょう。

てすと

 今度は逆に、toLowerrCase というメソッドにより、「GOODEVENING」が「goodevening」になりました。


 さらにもうひとつ。指定した1文字を抜き出すメソッドです。

てすと

 CharAt メソッドは引数が必要でカッコ内にその位置を指定します。(0文字目からカウントするルールです。)
 文字列「あいうえお」に適用し、結果として0文字目の「」が、4文字目の「」がそれぞれ出力されました。
 なお、意外かもしれませんが、この文字列の操作は実務では結構使うと思います。


4 String オブジェクトのプロパティ

 最後にプロパティも取得してみましょう。文字列の数を取得します。

てすと

 上3行の例で、文字列「あいうえお」は5文字ですね。
 この「あいうえお」を h に代入し、その文字列の長さを length プロパティで取得して i に代入、その i を表示しています。

 下3行の例ではちょっとひねってみました。
 見た目では、ひらがな5文字、記号(アンダーバー)1文字、数字5文字に見えますが、よく見ると「こ」と「 _ 」との間、そして「 _ 」と「 1 」との間にスペースがそれぞれあります。
 このプロパティでは、その「スペース」も文字としてカウントされ、「13」という結果が出力されているということですね。


5 次回

 さて、次回からはプログラムが何かを判断するための手法を学びます。

カテゴリー

更新記事

タグ

break (1) class (3) collection (6) continue (1) CSS (2) DOM (2) for (1) function (3) HTML (8) if (2) JavaScript (28) object (5) pop (1) push (1) shift (1) switch (1) unshift (1) VBA (1) while (2) アンガーマネジメント (1) インソース (1) ココナラ (8) コーチング (1) チーズ (2) ネズミ (2) ノート (2) ブランディング (1) ブランド (1) プログリット (1) ポート (1) メモ (2) リスキリング (1) 変数 (3) 学習 (1) 小人 (2) 怒り (1) 株式 (6) 睡眠 (3) 給水器 (1) 記憶 (3) Aoba-BBT (8) IGS (8) Kラーニング (1)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

確かな力が身につくJavaScript「超」入門 第2版 [ 狩野 祐東 ]
価格:2,728円(税込、送料無料) (2024/2/16時点)



Categories: