「メモ」本 6冊を読む1(メモの意義)

 「メモ」「ノート」に関する本をくらべてみました。


1 本の紹介

仕事のできる人が実践しているメモ術・ノート術

中川 裕 著
ぱる出版
2023年5月2日
192ページ

  • 今すぐ仕事で結果を出す!「メモ」の基本テクニック
  • 情報をムダなく活かす!かんたん「ノート」術
  • スケジューリングを極めよう!段取り力が上がる「手帳」術
  • 今日から実践!仕事のメモ術ノート術
  • スマホでかんたん!「デジタルメモ」を取り入れよう
  • 誰にでもできる!シンプル「英語メモ」に挑戦

メモ・ノートの極意

弓削 徹 著
ぱる出版
2022年9月6日
192ページ

  • メモ・ノートで何を実現するのか
  • アイデアが生まれる仕組みのつくり方
  • メモとノートをどう使い分けるか
  • 「脳作業」でビジネスを価値化する
  • 1枚のメモからキャリアを開花させる

考える人のメモの技術

下地 寛也 著
ダイヤモンド社
2022年9月6日
288ページ

  • 自分らしく考えるためにメモを使う
  • インプットメモ:普段の気づきをメモする技術
  • アウトプットメモ:メモで自分らしい思考をする技術

神メモ

原 邦雄 著
すばる舎
2021年8月18日
304ページ

  • 「紙1枚」のメモですべて手に入る
  • やっぱり「紙1枚」が最強
  • メモ1枚で仕事が速くなる
  • メモ1枚で心も人間関係も整う
  • メモ1枚で人生がうまくいく

ロジカルメモ

村本 篤信 著
アスコム
2020年12月4日
240ページ

  • ロジカルメモ―メモを最強のアウトプットツールに
  • メモでアイデアをつくる―知的生産 意思決定 問題解決力
  • メモで仮説をつくる―企画力 ヒットの法則 自己分析
  • メモで結果を引き寄せる―仕事 やりたいこと 夢
  • メモで未来を変える―コミュニケーション 自己肯定感 希望

メモ活

上阪 徹 著
学研プラス
2020年10月27日
256ページ

  • 「メモ活」の基本原則
  • とにかくすぐに記録する!段取りメモ
  • A4ノートに記録する!要約メモ
  • 速く、正確に記録する!スピードメモ
  • 思考を加速させる!アイデアメモ
  • 文章力の決め手!素材メモ

2 メモの趣旨、目的、効果など

(1) 趣旨

 メモは書くだけが目的ではなく、書いた内容をどのように活用するかがポイントとなります。
 もちろんメモをとるための技術についても説明されていますが、それと同様に活用については、ある意味それ以上に重要であることが説かれているように思います。

仕事のできる人が実践しているメモ術・ノート術

メモは「書くこと」が目的ではなく、「後で読み返し、情報を活用すること」が目的なのです。

メモ・ノートの極意

メモとノートの使い方がその人のアウトプット、つまり発揮できる能力を決めるのです。
(3ページ)

考える人のメモの技術

正解のない答えに対して、自分らしい答えを出す力を身につけるためのメモの技術。
(5ページ)

神メモ

紙メモは、使える時間が飛躍的に増えるツール。(略)メモは「自分が行動する内容」を書くもの
(3ページ~)

ロジカルメモ

やるべきことがパッと整理され、スパッと実行に移せる
(3ページ)

メモ活

すでに溜まったメモを眺めていると、連想ゲームのように新しい要素が浮かんできたりするので、これもまたメモします。
(5ページ)


(2) アイディア・情報

 アイディアを出すときもメモが活用できます。
 ポイントは、できるだけたくさんの情報を記録しておくことがアイディアを生み出す基盤となることであり、そのためには日ごろからのメモをつける習慣が不可欠となります。

仕事のできる人が実践しているメモ術・ノート術

ノウハウ、情報、アイデア等をムダにせず、実力を出し切る
(16ページ)

メモ・ノートの極意

(メモ・ノート術の仕組みにより)ほんの少しの工夫と、テクニックで、実現性の高いアイデアを生み出すことができます。
(19ページ)

考える人のメモの技術

有益な情報をキャッチしようとすることで、普段から接する情報に対して敏感になるわけです。
(62ページ)

ロジカルメモ

どれだけの物事を自分ごとにできるかで、アイデアの質や量が決定します。
(76ページ)

メモ活

そうしてたくさんのメモから、最終的に価値の高いアイデアが生まれます。
(24ページ)


(3) 考える

 メモをとることは単なる作業ではなく、思考の助けになるといいます。
 思考の対象外の事項を書き出すことによって、本当に考えるべきことのみに集中でき、効率よく自分の考えをまとめることができます。
 書きながら考えることのメリット。

メモ・ノートの極意

メモは思考のきっかけになる
(92ページ)

考える人のメモの技術

考えるときになぜメモをすべきなのかと言うと、メモが思考を前進させるアクセルの役割を果たすからです。
(27ページ)

ロジカルメモ

ふつうのメモを自分の言葉で言いかえただけで、知らず知らずのうちに、思考を深めてしまっているのです。
(40ページ)

メモ活

なかなかまとまらなかったことが、メモにして書き出すことによって整理されていくのです。
(25ページ)


(4) 言葉にする

 アイディア、アウトプットや企画にしても、人に伝達することができる「言葉」などにできなければ意味がありません。
 それを容易にするのがメモの習慣であるということです。
 言葉にできなければ考える意味はない?

考える人のメモの技術

もしメモを書けないなら、それは考えていない証拠です。
(29ページ)

ロジカルメモ

「考える」ことは「言葉にする」こと
「考えたことや思考のプロセスが、文字として残る」ということです。
(62ページ~)

メモ活

メモをする習慣がつけば、言語化しようとする習慣がつくということ。
(181ページ)


(5) 忘れるために

 人は忘れる生き物。
 であれば忘れてしまうことを恐れないため、心配しないためにメモをとり、後日それを活用します。
 そして、いま現在の見ている、聞いている、感じていることに集中します。

仕事のできる人が実践しているメモ術・ノート術

忘れてもいいようにメモを取るのです。メモは(略)いつでも読み返して役立てることができます。
(18ページ~)

メモ・ノートの極意

ヒントはノートに記憶してもらう
(39ページ)

神メモ

メモに書いたら、すっかり忘れてしまっていいのです。(略)「今」に集中すると、あなたが大切にしたいものをちゃんと大切にできるようになります。
(60ページ)

メモ活

やらないといけないことを一時的にすっかり忘れてしまうためにメモを残している
(31ページ)


(6) 記憶の定着

 手書きの効能は各所でいわれているところです。
 その理由は、同じ情報を何度も見ること、そしてその書いたときの他の情報もまとめて記憶されることにあります。

仕事のできる人が実践しているメモ術・ノート術

「手で書くと、記憶の定着や学習に効果がある」(略)脳がより活発に働くそうです。
(19ページ)

メモ・ノートの極意

体を動かして文字を書くと脳が刺激されて働き、記憶しやすくなります。
(80ページ)

考える人のメモの技術

「確か、大きな文字で書いてウネウネしたアンダーランを引いたページに書いておいたなあ」なんていう風に、ビジュアルで思い出せるわけです。
(59ページ)

メモ活

記憶が定着されるしくみ
文字-考える 文字-書く 文字-見る
脳は3回文字に接している → 手を動かして可視化することで脳に刻み込まれる
(83ページ)


(7) 情報がまとまる

 情報を一箇所にまとめて眺めてみることに意義があります。
 そのメリットについては言うまでもないことでしょう。

仕事のできる人が実践しているメモ術・ノート術

バラバラだった情報がノートに集結します。
(56ページ)

メモ・ノートの極意

まさにノートとはオリジナルの成果をまとめるための媒体です。
(109ページ)

神メモ

俯瞰の視点があれば、あなたが今立っている現在地、将来たどり着きたい目的地が一目で見渡せます。
(55ページ)


(8) 目標・ゴール

 闇雲にメモをとったとしても労力ばかりを浪費することになります。
 効果をあげるためには、目的意識をもってなにをメモするのかを考えなくてはなりませんね。

仕事のできる人が実践しているメモ術・ノート術

新しい手帳を買ったら「今年実現させたい目標」を書き込んでしまいましょう。(略)目標達成のためには「数値目標を入れる」「期限を設定する」のがコツです。
(106ページ)

神メモ

やりたいことを実現するためには、「ゴール・現在地・道のり」を意識することが大切です。
(28ページ)

ロジカルメモ

ゴールを設定し、メモをつくると、
・何を考えるのかが明確になる。
・打ち合わせ後にやるべきことが明確になる。
 といったメリットがあります。
(33ページ)

メモ活

どんな「仕事のゴール」がイメージされているのか。それも頭に描きながら、メモをとっていくのです。
(89ページ)


3 その他の参考図書

メモの魔力

前田 裕二 著
幻冬舎
2018年12月25日
254ページ

  • 「メモの魔力」を持てば世界に敵はいない
  • メモで日常をアイデアに変える
  • メモで思考を深める
  • メモで自分を知る
  • メモで夢をかなえる
  • メモは生き方である
  • ペンをとれ。メモをしろ。そして人生を、世界を変えよう

すぐメモする人がうまくいく

堀 宏史 著
自由国民社
2018年10月17日
189ページ

  • どうして「すぐやる」ことにこだわる人が成功するのか
  • まずは書く、今日から書く
  • シェアしてつながる「すぐメモ」の輪
  • 情報インプットの極意
  • すぐメモで新しいアイディアを生み出そう
  • すぐメモで「すぐプレ」しよう
  • あなただけのすぐメモを見つけよう
  • すぐメモ検定

伝わるメモは図解が9割!

泉 收 著
自由国民社
2022年5月1日
176ページ

  • 「言いたいことが伝わる」図解メモの基本
  • 四角と矢印と線だけで作れる!図解メモを作る実践法
  • 「伝わりやすい」図解は6つだけ!
  • 実は使えるポンチ絵

「超」メモ革命

野口 悠紀雄 著
中央公論新社
2021年5月10日
276ページ

  • 「超」メモをとにかく作ってみよう
  • 「超」メモから「超」アーカイブへ
  • 「超」アーカイブを駆使する仕事法

カテゴリー

更新記事

タグ

break (1) class (3) collection (6) continue (1) CSS (2) DOM (2) for (1) function (3) HTML (8) if (2) JavaScript (28) object (5) pop (1) push (1) shift (1) switch (1) unshift (1) VBA (1) while (2) アンガーマネジメント (1) インソース (1) ココナラ (8) コーチング (1) チーズ (2) ネズミ (2) ノート (2) ブランディング (1) ブランド (1) プログリット (1) ポート (1) メモ (2) リスキリング (1) 変数 (3) 学習 (1) 小人 (2) 怒り (1) 株式 (6) 睡眠 (3) 給水器 (1) 記憶 (3) Aoba-BBT (8) IGS (8) Kラーニング (1)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

仕事のできる人が実践しているメモ術・ノート術 [ 中川裕 ]
価格:1,540円(税込、送料無料) (2024/2/12時点)






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メモ活 [ 上阪徹 ]
価格:1,540円(税込、送料無料) (2024/2/12時点)



Categories:


Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です