JavaScript で足し算

 今回はいかにもプログラミング的な処理である「演算」です。


1 計算してみる

 コンピューターのプログラムですから当然、足し算・引き算・掛け算・割り算 はできるはずですよね。

サンプル

 あれ、計算してくれませんね。
 それでは、これでどうでしょうか。

サンプル

 計算されました。
 ほかの演算子(+など)も紹介されていますので、試してみましょう。

サンプル

 3÷2の余りは1、3の2乗は9なのであってますね。


2 計算の順序

 掛け算・割り算が優先され、また( )を使うのは算数・数学と同じですね。

サンプル

 上段は2✕3に1を足していて、下段は1+2に3を掛けています。


3 文字列を計算する?

 面白いのが、” ” で囲った文字列の「計算」です。

サンプル

 文字列に対して「+」を使うと「連結」が行われます。
 さて、ここで疑問が生じます。
 文字列と数字を「足す」とどうなるのか?
 遊んでみましょう。

サンプル

 なるほど、両者がまざっていると「連結」が行われるようです。


4 次回

 ひととおり演算子を使って計算することができました。それに文字列の足し算は面白かったですね。
 さて、次回は「変数」を勉強します。

カテゴリー

更新記事

タグ

break (1) class (3) collection (6) continue (1) CSS (2) DOM (2) for (1) function (3) HTML (8) if (2) JavaScript (28) object (5) pop (1) push (1) shift (1) switch (1) unshift (1) VBA (1) while (2) アンガーマネジメント (1) インソース (1) ココナラ (8) コーチング (1) チーズ (2) ネズミ (2) ノート (2) ブランディング (1) ブランド (1) プログリット (1) ポート (1) メモ (2) リスキリング (1) 変数 (3) 学習 (1) 小人 (2) 怒り (1) 株式 (6) 睡眠 (3) 給水器 (1) 記憶 (3) Aoba-BBT (8) IGS (8) Kラーニング (1)



Categories:

Tags:


Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です